断食によるリバウンドの原因にあたって

カロリーを皆目摂らずにおけるという、ウェイトは減少するでしょうが、体調に痛手が大きく、リバウンドのリスクも高まります。スリムになるためにシェイプアップに力を入れてきたのに、リバウンドしてしまっては、頑張った甲斐がありません。ごはんの実力を切り落とし過ぎると、体調習得に必要な栄養分が供給されなくなって、体調は飢餓状態に陥ってしまいます。出来るだけ体のプラスを維持する為に熱量利用を抑え、乏しいごはんも切り回す事が出来るように体内が変わります。摂取するごはんの件数が足りていないと、筋肉件数もゆったり減ります。カラダが飢餓状態になっているときに、シェイプアップ前の件数のごはんに急に戻してしまうと、カロリーのスペースパイが多くなる。シェイプアップ中間の食事制限で新陳代謝が低下しているために、ごはん件数を直ちに戻すという、カロリーがつぎ込み切れずに残ってしまうというわけです。ごはん件数を制限していた時に新陳代謝が減っていると、元通りのごはん件数になれば用い切れないカロリーが多くなり、太りやすくなります。食事制限後にリバウンドをする事由がコイツに相当します。断食を行うとウェイトは減少しますが、その後に今まで通りの生活にするとまた元のウェイト、或いはそれ以上に増えて仕舞う事があります。熱量の利用件数が大いに減った状態になっているのは、断食終了後からたいてい1か月程度は継くとされています。リバウンドをしないシェイプアップをしたい場合は、シェイプアップが終わった後のごはん件数は、少しずつ戻していくようにください。