ホメオスタシスによってリバウンドが発生

極端なダイエットを行うと、ホメオスタシスによってリバウンドが発生し、減った体重が再び増加してしまうものです。リバウンドの無いダイエットには、ホメオスタシスについて理解しておく必要があります。カロリー摂取量を減らしてダイエットをしようとする人は、ダイエットのためにとたんぱく質や脂質を減らしすぎる傾向があります。

摂取する栄養が極端に少なくなると、人間の体はホメオスタシスの機能によって、運動した時の消費カロリーを減少させます。カロリー消費の少ない体になろうとするために、ダイエットうまくいかない体質になります。

つまり、ホメオスタシスが機能している状態では、いくら食事量を減らしても、運動によって消費カロリーを増やそうとしても、ダイエット効果が出ないようになってしまいます。頑張ってダイエットをしているにも関わらず体重が減少しないと、モチベーションが低下しがちです。

ストレスでドカ食いをしてしまったりして、リバウンドが起こるわけです。リバウンド自体は人の体として自然なことであり、ダイエットをしてもリバウンドの気配がない方が不自然です。人によってはダイエットがうまくいっていると判断するケースもあるようです。

体重が増えるのは、リバウンドがしやすくなっているタイミングでダイエットを中止するためです。ダイエット中にリバウンドが起きる段階にさしかかった場合でも、ダイエットを継続することができるかどうかが、ダイエットを続行する上で重要です。